いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

鮫島、最後の十五日(漫画)のあらすじとネタバレ!男と男の勝負が力強く描かれている作品!

スマホ・電子書籍でマンガを読みたい方にお薦め【U-NEXT】!
無料トライアル登録で、600円分のポイントを貰えちゃう!
そのポイントで最新作含めお好きなマンガを無料で読めちゃう!試し読みできちゃう!

こいつで、スマホ漫画、電子書籍マンガ、お試しデビューだ!

【→ U-NEXT 無料トライアル ←】

★さらに、雑誌70誌以上、映画やドラマ、アニメなどが31日間も無料で見放題です!

佐藤タカヒロ先生による作品である『鮫島、最後の十五日』(秋田書店)

 

数多の力士たちが己の全てを賭けて土俵に上がる。

数多の力士たちが残酷に散る土俵。

 

俺は相撲に選ばれちゃいない…。

何よりも相撲が好きだった男の言葉…。

そっぽむかれようが、はじき返されようがいつもボロボロになっては立ち上がり…。

踠き…抗い…挑み続けた…

「俺の全部を、くれてやる」

 

これはその残酷な土俵に一人抗い挑み続けた、相撲に選ばれなかったとある力士の、

一場所十五日の物語…

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『鮫島、最後の十五日』と検索。

『鮫島、最後の十五日』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

「鮫島、最後の十五日」のあらすじは?

 

二場所前の両国国技館、五月場所の十二日目。

連日大入りの両国国技館に幕内力士たちの土俵入りとなりました。

西方土俵入り、巨大な肉の岩山である力士たちの中でひときわ大きく歓声を浴びる男がいました。

テーピングだらけの細身のカラダ、その他の巨大な力士たちに並んで空流部屋東前頭十枚目、鮫島がいました。

「鮫島―!お前を見に来てやったんだぞ!」

「がんばれよ!小さいの!」

鮫島を目当てにやってくるお客さんが多いようです。

しかし解説の虎城部屋親方であり日本相撲協会の理事長も務める虎城昇(こじょうのぼる)はテーピングがみっともないと批判的な言葉ばかりを並べるのでした。

 

しかし鮫島と取り組んだ力士たちは皆、鮫島の相撲は重い。

と口をそろえて言うのです。

そして鮫島は対戦相手に毎回ケンカを売るのです。

昨日は明王山という人柄の良い力士にケンカをふっかけました。

四十歳という年齢を迎え、昔は「牛鬼」と恐れられた明王山、引退をほのめかされのんびり相撲を取らせてくれと話していたところ、鮫島が

「ピクニック気分で土俵に上がってんじゃねーぞ…老害が!」

とケンカを売ったのです。

平幕である鮫島が大関である明王山にケンカを売るなんて前代未聞です。

しかしそのおかげで明王山対鮫島は間違いなく注目の取り組みになったのでした。

 


鮫島、最後の十五日

↑サイト内にて『鮫島、最後の十五日』と検索↑

 

初の大関戦ながらも鮫島はいい顔をしていました。

鮫島は十六歳で相撲の世界に入り、相撲が大好きでした。

しかし太れない鮫島は力士としては致命的なのです。

一生懸命作り上げた体も100キロほどしかなく、気を抜けばすぐ痩せてしまう。

そんな鮫島にとって一回一回の取り組みが最後かもしれないと思って取り組んでいるのです。

だから明王山には全力で戦ってほしい、全力じゃなかったら許せない。

そんな思いでケンカを吹っ掛けたのでした。

 

土俵に上がり鮫島とにらみ合った明王山は鮫島の殺気にあてられ汗を垂らします。

自分の相撲が長年立ってぬるくなってしまったのかと思いなおすのです。

自分の積み上げてきた時間は軽くない…。

明王山は鮫島を威嚇します。

 

全部だ…

俺に与えられた一生分の力を全部を相撲に…くれてやる。

「ハッキヨイ!」

鮫島対明王山の試合が始まります。

 


鮫島、最後の十五日

↑サイト内にて『鮫島、最後の十五日』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

バガタウェイ おすすめ!
サムライハーフ 
DRAGON JAM 
少年ラケット おすすめ!
さよなら私のクラマー おすすめ!

↑「鮫島、最後の十五日」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

「鮫島、最後の十五日」のネタバレ・その後どうなる?

 

「ハッキヨイ!」の掛け声とともに最初の真っ向勝負は明王山の顎に鮫島の頭突きがクリーンヒット、鮫島が打ち勝ちます。

「このガキ!そいつは一場所一つの取り組みに使うエネルギーの量じゃねーだろ!」

明王山は笑いました。

そして頭突きを返してきます。

鮫島のおかげで昔の「牛鬼」と呼ばれたころの明王山が戻ってきたようでした。

しかし勝負は明王山を鮫島が持ち上げ、平幕である鮫島が大関である明王山を下したのです。

 

そして鮫島は明王山に

「何が引退だよ…こっからだろ?牛鬼のオッサン?」

とにっこり笑って言うのでした。

 

この場所、明王山関は62場所務めた大関の座から陥落することとなります。

そして明王山関は引退の二文字を笑って一蹴しました。

しかし鮫島は自分の相撲が長く持たないことを知っていました。

 

九月場所に入り初日、鮫島は昔からよく知っている同期入門の飛天翔と取り組むことになります。

飛天翔は慢性外傷性脳症を患っていました。

島と同じような体躯の飛天翔、毎日自分より大きな力士たちと正面からぶつかり合うということは毎日交通事故にあうようなものなのです。

衝撃によって脳震盪を起こし、その積み重ねが原因ということでした。

このまま土俵に上がれば飛天翔は死んでしまいます。

しかし鮫島と飛天翔は取り組むのです。

年齢も体格も近く、お互い相撲に選ばれてないことを知っている二人、飛天翔は秋場所初日、普通なら枚数違いの二人にはありえないことですが、欠場者が出たために鮫島と取り組むことができることになったのです。

それを機に引退しようと決めた飛天翔の顔はどこか清々しいものがありました。

飛天翔の最後の一番、鮫島は飛天翔に「俺の全部をくれてやる」そう告げるのでした。

 

『鮫島、最後の十五日』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『鮫島、最後の十五日』と検索↑

 

「鮫島、最後の十五日」を読んだ感想!

 

『鮫島、最後の十五日』は男と男の勝負が力強く描かれている作品です。

一つ一つを丁寧に描いているので読んでいて胸が熱くなりました。

最後の十五日、ということは鮫島も引退してしまうのでしょうか?

とにかく続きが気になる作品です!!

 

『鮫島、最後の十五日』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『鮫島、最後の十五日』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホで漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!
・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに読めちゃうわけです!

▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならU-NEXTがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!
・U-NEXTでは無料トライヤルで600円分のポイントが貰えます!
そのポイントを利用してすぐに1タイトル読めちゃうわけです!


≪U-NEXT簡単利用方法≫

①以下をクリックしてU-NEXTを開く!

U-NEXTはこちら


②【今すぐ無料トライアル】をタップ!



③【お客様情報】を入力!



④ご登録内容を確認、および決済方法を選択して、【送信ボタン】をタップ!



⑤右上の虫メガネからご希望のタイトルを検索して、【読む】をタップ!




※上記【現在:600ポイント】と記載がある通り、しっかり600ポイントが貰えちゃってます。【ポイントを利用して0円で購入】から無料でご希望のタイトルが読めちゃいます!


U-NEXTはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!


--------------------------
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
--------------------------