いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

聖母の鎖(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

金子節子先生による作品である『聖母の鎖』(双葉社)

 

ヨシばぁの、遺品アルバムにあった写真。

赤ん坊の自分を、愛おしそうに抱いている母の微笑みは満ち足りて、どこまでも優しく、穏やかだ…。

母は今、どこでどうしているだろう…。

 

母のことは考えないように生きてきた柏木麻里亜(かしわぎまりあ)。

31歳になった麻里亜は、小学校三年生の息子、遼とふたりで市営団地に暮らして6年になる。

わけあってシングルマザーをしていた。

 

ある日、職場に訪れた取引先の男性が、麻里亜に声をかけてくる。

麻里亜の中学時代同級生という男性…。

もしも同級生なのだとしたら――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『聖母の鎖』と検索。
▽スマホ・PCで『聖母の鎖』を無料で試し読み

 

聖母の鎖のあらすじは?

 

31歳の柏木麻里亜(かしわぎまりあ)は、小学校三年生の一人息子の遼(りょう)と2人で、市営団地に住んで6年になります。

育ててくれたヨシばぁの遺品アルバムの中から出てきた写真には、赤ん坊の時の麻里亜を抱いた母親の姿が映っていました。

 

今、母がどこでどうしているのか知らない麻里亜。

中学の時の事件がきっかけで、母は麻里亜とはいられなくなり、麻里亜もまた、苗字を変え、縁を切ることになったのでした。

 

内科小児科医院で医療事務の仕事をしている麻里亜に、声をかけてきた取引先の製薬会社の男性は、麻里亜の中学の同級生だというのですが…。

 


聖母の鎖

↑サイト内にて『聖母の鎖』と検索↑

 

聖母の鎖のネタバレ・その後どうなる?

 

英麻里亜(はなぶさまりあ)として生まれた麻里亜ですが、15歳の時の事件がきっかけで、英家とは縁を切ることになってしまいます。

それは母親が、父親を殺してしまったというものだったのです。

 

山あいの田舎町からヨシばぁと2人で上京してきたのは15歳の春。

それから同じくらいの年月を東京で暮らしてきました。

 

一人息子の遼は、実は麻里亜が務めた先で、ある男性に無理やり関係をもたされた時に出来た子どもなのです。

お父さんがいないことを疑問に思う息子に、謝るしかできない麻里亜。

「ごめんね、お父さん欲しかったよね…」

 

すると遼は「おかあさんがいるから、ぼくぜんぜんさびしくないよ」というのでした。

この先、思春期を迎えた遼の人生に、影を落とす事にはならないかと心配する麻里亜。

 

内科小児科医院で、医療事務をしている麻里亜のことを気にしている男性がいると、同じ事務の原田さんから聞かされました。

しかも、その男性、伊藤は、麻里亜を中学時代の同級生に似ているというのです。

中学には半年しか通っていない麻里亜は、もし、地元の中学である石里沢中の同級生ならば、母親が起こした事件を知らないはずはないのでした。

楽しい中学生活を送るはずだった麻里亜が、母の事件を知れば、ここにもいられなくなるようなことになってしまうかもしれない、と麻里亜は警戒しました。

 

お昼の時間、伊藤は麻里亜に「あなた、英麻里亜さん…かな?」と聞いてくるので、

「なんの事ですか?人違いされていますよ」と答えました。

いまさら縁を切った家の名前を出され、麻里亜は牽制します。

伊藤は「失礼しました、また来ます」と言って笑顔で去っていったのでした。

 

職場からの帰り道、手づくりサンドイッチの店の『やよい』に寄り道した麻里亜。

そこには、ひとまわり年上ですが、定時制高校時代のクラスメイトである春日弥生(かすがやよい)さんがいたのです。

ヨシばぁがいなくなり、心底ほっとできるのは、遼のそばと弥生さんの家だけのような気がするようになっていた麻里亜。

温かい飲み物をもらって、帰りにはパンの耳をもらって帰りました。

 

ある日、麻里亜が弥生さんの店でアルバイトをしていると、上岡直人(かみおかなおと)という男性がやってきます。

上岡は遼の実の父親。

上岡は麻里亜に復縁を迫るべく、麻里亜に会いに来ていたのです。

 

▼↓サイト内にて『聖母の鎖』と検索↓
▽スマホ・PCで『聖母の鎖』を立ち読みしたい

 

聖母の鎖を読んだ感想!

 

冒頭から、本作品の情報が多く、読んでいるうちにどんどんストーリーが深くなっていく感じがしました。

ドロドロした人間関係を描いているのかと思いましたが、麻里亜自身があまり思いつめないタイプの主人公なので、サラっと読むことができます。

 

麻里亜の人生には、波乱しかないような、穏やかなときがないような…自分だったらくじけてしまいそうな場面ばかりです。

それでも前を向いて生きていく、強い意志が、麻里亜は持っていますよね。

すごく素敵な女性だと思いますが、伊藤と恋愛に発展していくのか、それともシングルを貫き通すのか、今後の展開がとても気になるところではあります。

 

麻里亜の前に現れた上岡の存在も気になりますし、麻里亜の母親も、なんと連絡を寄こすのです。

そして、その時の母親は入院していて、弱っている状態。

そばには知らない男性。

麻里亜は、母親との関係をどのように考え、修復するのか、訣別するのか、見逃せないですね。

 

楽しいというよりは、考えさせられる作品になっています。

個人的にはハッピーエンドになるといいですね。

まだ読んだことのない方はぜひ一度読んでみていただきたいです。

 

▼↓サイト内にて『聖母の鎖』と検索↓
▽スマホ・PCで『聖母の鎖』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!