いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

進撃の巨人のあらすじとネタバレ!アニメの原作漫画をぜひ!個人的な感想も

今回は言わずもがな、あの大人気漫画である「進撃の巨人」について触れようと思います。

 

もはや私が語ることはほとんどないでしょうし、漫画を読んでいないかたもほとんどいないでしょう、というくらい大ヒットした作品です。

 

アニメ化や実写映画化もされ、日本の漫画作品では堂々の上位に組み込むほどの人気であるのは言うまでもないことでしょう。

 

ですが、ここではまだ読んでいない方のためにあらすじやちょっとしたネタバレを含む感想などについて書こうと思います

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『進撃の巨人』と検索。

『進撃の巨人』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

進撃の巨人のあらすじ!

 

ある日突然出現した「巨人」によって滅亡の危機にさらされる人類は3枚の大きな壁「ウォールマリア」「ウォールローゼ」「ウォールシーナ」を築きそして壁の内側に閉じこもり生活を余儀なくさせられることとなります。

 

そんな世界になって約100年が経った物語の始まり、主人公である「エレンイェーガー」はウォールマリアの南端に突如出現した超大型巨人によって壁を壊され、そして母を失うことになります。

 

そして壁を破ったもうひとりの巨人「鎧の巨人」によって遮断不可能となった壁から巨人たちが一斉におびき寄せられウォールマリアは壊滅状態となります。

 

それから数年後、エレンは巨人を駆逐するのを野望に第104期訓練兵団へと入団し、その後壁の外を調査する団、「調査兵団」へ入団、巨人と戦い、自ら課せられた運命と抗いながら葛藤する物語であります。

 


進撃の巨人

↑サイト内にて『進撃の巨人』と検索↑

 

進撃の巨人のネタバレ!《超大型巨人や鎧巨人は人間だった!?》

 

作中に描かれている序盤で扉を壊し2体の巨人についての謎は途中まではその全貌すら明らかにされていませんでした。

エレンが巨人化するということが分かって、そしてエレンの父親が何かしらの秘密を握っているというところから段々と物語は進展していきます。

そして暴かれる真実・・・あの大型巨人と鎧巨人は実は人間であり、また同じ調査兵団であったライナー、そしてベルベルトがその正体であったということでした。

 

人間が巨人化するということが公になってから続々とわかってくる謎の巨人について、そして通常の巨人とは別格の強さと回復力、そして特殊な力を持っている巨人たちの謎についての解明は各々漫画で読んでいただきたいのですが、それでも彼らがなぜウォールマリアの壁を壊しそして人間を陥れるような行為に及んだのか、その謎も10巻以降で徐々に明かされていきます。

 

ともあれ謎の巨人、「超大型巨人」と「鎧の巨人」については鎧がライナー、そして超大型巨人がベルベルトであったということでした。

 

『進撃の巨人』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『進撃の巨人』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

リィンカーネーションの花弁 おすすめ!
もののて おすすめ!
ULTRAMAN おすすめ!
ゴールデンカムイ おすすめ!
キラーハネムーン 

↑「進撃の巨人」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

進撃の巨人の感想とアニメ化について!

 

進撃の巨人の個人的な感想を述べようと思います。

進撃の巨人は最初作画がとても特徴的であるということと、そして設定がとても奇想天外であることが凄く印象的な作品であると思いました。

そして何よりも私自身が強く面白い点ったものが立体機動についてです。恐らく皆さんもこれが凄く良いという方ばかりでそうが、個人的に言わせて頂ければそれが一番であるということ以外にありません。

もちろん調査兵団のリヴァイ兵長なども好きでしたが、なによりその大元である立体機動について、この武器はとても魅力的な武器であることがわかります。

巨人という世界で巨人とどう戦うのか、そして巨人の弱点がうなじであるとい設定も後付けなのかそれともそういう設定であとから立体機動を付け足したのかはわかりませんが、それでもとても魅力的な武器であることが言えるでしょう。

 

立体機動自体もかなりいいですが調査兵団という危険を冒して兵の外で調査を行う部隊がとても個人的には好きな部分です。全体の設定もそうですが、やはり立体機動を除いてこの進撃の巨人は成り立たないでしょう。

リヴァイの強さにも驚かされます。元は裏社会のチンピラであったのあが、軍の最高峰にまで上り詰めたという事実にかっこよさが現れていますね。

 

そしてエレンの巨人化ついても同様に今後の物語の中核となってくる部分です。

 

アニメ化については立体機動がかなり鮮明にそしてかっこよく描かれていたのが好印象でした。

特に立体機動についてはよくここまでアニメ化できたなという思いでいっぱいです。

作画がとてもよく漫画の世界観というものを崩さずに完成度を極限まで高めたものが出来上がっていたので個人的にはかなり面白いものでした。

2期の制作はまだだいぶ先になると予想されますがそれでも2期は確定と見ていいでしょう。

劇場版の2本もあれは総集編で、いいカットをふんだんに使っていたのでサクッとみるにはかなりいいものではないでしょうか?

アニメや原作を既に視聴されている方にはちょっと物足りない感もあります。

 

実写感については少し残念でした。

物語が原作と大幅に違っているところからあれは進撃の巨人という原作をとりあえず端っこの方においておいて、実写は実写だけでみるというのが無難だと思いました。

 

総括しますと、進撃の巨人は是非読んでいただきたい漫画であることが言えます。

世界観、そしてバトルものや主人公の苦悩や葛藤など、様々なものが描かれているので是非読んでいただきたい1本であります。

 

『進撃の巨人』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『進撃の巨人』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!