いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

ショートケーキケーキ(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

『ショートケーキケーキ』は森下先生の作品です。

「乗りかけた船にはためらわず乗ってしまえ」

この言葉に背中を押され私はここにいるのです。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方はコチラ。

↓以下のサイト内↓にて『ショートケーキケーキ』と検索。

『ショートケーキケーキ』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

『ショートケーキケーキ』のあらすじは?

 

芹沢天、高校1年生。バス通学でなんと片道で2時間も掛け学校に通っている。

彼女自身は特に不満はないのだが・・友達の下宿先にこっそりお泊りをした日。

そこに住むある男子生徒に背中を押されて下宿に住むことを決意する。

下宿先で新たな出会いを果たすことになる・・

 


ショートケーキケーキ

↑サイト内にて『ショートケーキケーキ』と検索↑

 

『ショートケーキケーキ』のネタバレ!

 

朝5時を知らせる目覚まし時計。芹沢天は、まだ寝ていたいという気持ちを抑えバス停に向かう。ガタガタと揺られながら誰もいないバスで居眠りをする天であった。

後、一時間かと学校に着く時間を確認しごろごろとバスの中で過ごす。

 

学校に着きラジオ体操をしながら登校する天に友人は

「どうよ、一ヶ月バス通やってみて2時間だよ。やっぱ大変でしょ。」

と聞くが彼女は

「別に?早起きがめんどいくらい、苦じゃない」

と毎日の2時間通学が大変ではないというのである。

「下宿からだったらあと2時間眠れるよー。7分で学校着くしさー」

と下宿を勧める友人。

バスでもまあ寝れると下宿のことは考えてはいないようでした。

天の地元には中学校までしかなくほとんどの子がここ猫千谷の高校へ入学する。

学校に入る際も下宿を友人に勧められていたのだがバスで通うと下宿に入ることは考えなかった。

「絶対に後悔するよ。おばちゃん天が高校はバスで通うってー」

と友人が天の母親に言うと

「そう」

と微笑んでいた。

その時のことを思い出し

「お母さんも安心したと思う」

と言う。

学校に通う為だけならこのままで全然と思う天なのでした。

 

学校も終わり天と友人の春野は山崎さんと田中さんにケーキを食べに行かないかと誘われます。

お店に付き美味しいケーキを食べながら学生の定番といっても過言ではない恋バナを始めます。

天はバスの時間を気にしていました。

そして入学式の日女子から騒がれていたという3組の千秋くんの話になったのですが天は誰なのか分からず恋バナにはあまり入れませんでした。

そして

「私もう帰らなきゃ、バスの最終5時半なんだ」

と席を立ちかえろうとします。

皆は話しているのに自分だけバスの時間があるから帰らないといけない。

少し寂しくバス停に向かい待っていると

「天!」

という友人の声が!

息をあげながら

「今日、うちに泊まり来なよ。明日土曜日だし」

とお泊りのお誘いです。

「え?」

と聞き返す天に

「そしたらまだしゃべれんじゃん」

と笑顔で誘ってくれる友人に甘え今夜はお泊りをすることに。

田中さんと山崎さんも手を振り戻ってきてーと言っています。

「ありがと」

とお礼を言う天。

 

学校に通う為だけならバスでいいのに・・

 

「いいでしょー、時間気にしなくてゆっくりでいいってね」

と友人に言われ

「楽しかった」

と素直に喜んでいる彼女に

「一緒に下宿どうよ!?」

とやっぱり友人も諦めきれない様子。

 

そして二人は下宿先に着きました。意外と洋風な綺麗な家でした。

 

「あげはちゃんおかえりー」

と言われ葵という男の子は

「友達?しーだね」

と口に指を当て言います。

本当は下宿生意外は入ってはいけないことになっていて管理人さんには内緒ということなのでした。

葵さんも天が管理人さんに見つからないように協力をしてくれてあげはの部屋3階まで向かいます。

「・・いいのかよ」

と内心思う天ですがドキドキしています。

そしてあげはの部屋に着き入ると一人部屋で意外と広いのです。

因みに隣の部屋は空いているようでそれを聞いた天を見て

「今ちょっといいと思っただろ」

とドヤ顔をするあげは。

 

その時、ドアをノックする音が

「おい、あげは今日風呂掃除だろ」

と管理人さんが来ました。

何事もなく対応するあげは。

天はドアの後ろに隠れ

「忍者かよ」

と笑われてしまいます。

そして

「夕食こっそり持ってくるから待ってて」

とあげはは言ってしましました。

出て行った後、カランカランと夕食の時間だと知らせる音が皆バタバタとし始め

「小学生かよ、男子もいるんだ」

と少し笑う天。

そしてあげはは店にからあげとおにぎりを持ってきてくれました。

全て管理人さんの手作りでとても美味しいのです!食事を済ますと

「あげはー」

とドアの向こうから男の人の声が・・

天は隠れようとしますが大丈夫だとあげはは言います。

 


ショートケーキケーキ

↑サイト内にて『ショートケーキケーキ』と検索↑

 

そしてドアが開き

「今日数学やるの?」

と眼鏡をかけた男子生徒が天を見つけ

「いいのか部外者を入れたりして。」

と言う彼に

「男子部屋に入るのとかアリなんだ」

と彼女に聞きます。

「だめだよ。でも有人くんは家庭教師としてOKもらってるんだ」と説明をされ納得。

 

有人くんは同じ学校の2年生なんだと聞きます。

「で?君はやるのやらないの」

と天を見て言う有人くん

「いいの私も数学得意だけど」

という彼女にあげはは

「やさしーんだよね。有人くん」

と勉強を教わります。

天は

「わかりやすい!」

と感動し有人くんは

「また僕でよければ」

と部屋を出て行きます。

天はお手洗いに行きたいようで部屋を出ようとしますが1階にしか無いようで葵さんに管理人さんの様子を見てもらい今お皿荒いながらドラマに夢中ということで遭遇率0%らしいので天はすぐに行くことに階段を居り2階の男子ゾーンを見ます。

するとタイミング良くドアが開きました。

すると足音が聞こえ彼は天の腕を引っ張り自室へ。

「ありがとう」と言う天、よく見るととっても美形な彼。

すると鍵を開け「大丈夫」と彼に言われ出ます。

あげはがちょうど降りて来て

「あ、千秋くん!この子友達なんだ。蘭さんには内緒にしてね。私はここ入ってほしいんだけどね天いたら楽しいし」

と紹介をします。

 

天の気持ちは変わり始め「いいもんだね、下宿って」と言います。

それを聞いたあげはは「入ろうよ!!バス大変じゃんね!!」と喜びます。

「え、いや入るとかじゃなくて」

と言う天達のやり取りを見ていた千秋くんは

「乗りかけた船にはためらわず乗ってしまえ、ツルゲーネフの言葉」

と天に言います。

 

すごいこと知ってるなと驚く天なのです。

その言葉を聞き布団の中でわくわくしている自分がいることに気付く天。

帰り道、お母さんがバス停までお迎えに来てくれていまいました。

「あげはちゃんとこの下宿どうだった?」

と聞くお母さんに

「よかった」

と返事をする天。

 

言いづらそうに

「お母さん、私バス通やめようかな」

と言います。すると

「そう」

と笑顔で言っただけそれだけ?と

「わつぃがバス通決めたとき安心したでしょ?」

と聞きます。

 

「ハハハ、安心?なんでえ?嬉しかったのそんだけよ」

と言うお母さん。

 

「さっそく見学行こうかね、お父さんも」

と天が下宿に入ることを許してくれました。

 

「ありがとう」

と素直にお礼を言う天。そして天は下宿先へ

 

そこには千秋くんが

「入るらしいね」

と声を掛けてきました。

 

「うん今日から」

と答えます。彼女が持っている荷物を持ってあげる千秋くん。

 

「この前の言葉なんか背中押された」

という彼女に

「新しい門出をする者には新しい道が開けるって相田みつをも言ってた」

と言うのでした。

 

『ショートケーキケーキ』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『ショートケーキケーキ』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

37.5℃の涙
A.【アンサー】
ReReハロ
うそカノ
あのコの、トリコ。
甘い吐息は隣人と 

↑「ショートケーキケーキ」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

日々蝶々

↑「ショートケーキケーキ」同じ作者の上記漫画もおすすめです!

 

『ショートケーキケーキ』を読んだ感想!

 

下宿に入ることをずっと勧めていたあげはちゃん、天ちゃんが入ることになってとても嬉しそうですね!

千秋くんの言葉で背中を押された天ちゃん。

下宿先にお泊りをする機会がなかったら天ちゃんはずっと2時間掛けて通学をしていたかもしれませんね。

2時間も毎日バスでなんて乗り物酔いが酷い私からしたら地獄です。

天ちゃんが凄いと思います。

早起きも含めて。

 

下宿先で生活することになった天ちゃんですがこれからどう日常生活が変化していくのか楽しみです!

是非この先が気になる方は読んでみてください。

 

『ショートケーキケーキ』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『ショートケーキケーキ』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!