いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

昭和元禄落語心中(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

雲田はるこ先生の作品である『昭和元禄落語心中』(講談社)

 

刑務所帰りのチンピラだった男は刑務所に慰問で訪れた落語を聞いて感動する。

落語を演じていたのは「八代目有楽亭八雲」。

八雲の落語「死神」は恐ろしいほどの迫力で男の記憶に残った。

そして男は八雲の出演している寄席に押しかけ、弟子にしてもらうことになったのだった。

男は付き人として八雲から「与太郎」という名前を与えられる。

弟子は取らないはずの八雲、与太郎と出会ったことで八雲の人生も変わりはじめるのだった――。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『昭和元禄落語心中』と検索。

『昭和元禄落語心中』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

『昭和元禄落語心中』のあらすじは?

 

刑務所を出所したばかりで引受人もいない強次は、刑務所から出られたら寄席に行くつもりでいた。

一年前に刑務所に慰問で訪れた落語を聞き、八代目有楽亭八雲の「死神」に心惹かれたからだ。

寄席についたものの、弟子を取っていないという話を運転手の松田さんに言われ、泣いていた強次の前に、八雲師匠が顔を出した。

八雲師匠は「お前さん帰るところがないのかぇ?」と聞いた。

じっと見つめる強次に「与太郎ぐずぐずしてねぇでさっさと乗んな」と一声かけ、車に乗せてくれる八雲。

こうして強次改め与太郎は、八雲師匠の下落語の勉強をすることになる。

八雲師匠の家には小夏という女性がいた。

八雲師匠と小夏はどうやらうまくいってない様子である。

親子ほど年の離れた二人がどういう関係なのか、運転手の松田さんは与太郎に話して聞かせるのだった。

こうして与太郎は落語家になる第一歩を踏み出すことになったのだ。

 


昭和元禄落語心中

↑サイト内にて『昭和元禄落語心中』と検索↑

 

『昭和元禄落語心中』のネタバレ・その後どうなる?

 

八雲は落語と心中するつもりで、自分の芸を後世に残そうなどという気は微塵もなかった。

そのため弟子は取らないつもりだったのだが、与太郎に、小夏の父である有楽亭助六の面影を少し重ねた部分もあり、気まぐれにも与太郎を預かることにしたのだ。

小夏は、八雲を自分の両親を殺した張本人だと思っているのだが、その理由は小夏の母、みよ吉と八雲が出会ったところまでさかのぼる。

 

落語を教わりたい与太郎だったが、八雲が芸を仕込んでくれることはなく、弥太郎が「死神」を演じようとするとみっともないと怒られる始末。

覚えようとしなくていい、八雲にそう言われた与太郎だったが、二回も聞いたら覚えてしまうのだった。

それを聞いていた小夏が、自分の父親の落語を披露する。

「うん、いい落語だな。アネさんは声がいい、凛としてよく通る」小夏を褒めた与太郎は、照れた小夏に殴られた。

八雲師匠に「師匠の落語をちゃんと教わりたい」と与太郎は頭を下げ頼み込むが、八雲は断る。

「ウンと言わせるまでどこまでもついていきまさぁ」そう言った与太郎は、「アネさんも弟子入りしたいそうです」と口を滑らせる。

小夏が父親、助六の落語を勉強していると知って、八雲師匠は勉強していたノートを投げつけ「ケンカ売ろうってのかい?不愉快な子だよ!」と怒った。

その日から八雲と小夏の関係はますます悪化してしまう。

与太郎が来てから三ヶ月がたち、八雲と共に京都へ行くことになったのだが、小夏の機嫌はまだ直ってはいなかった。

なんとかしてやりたいと思う一方で、どうにもならないと思う部分をわかっているつもりの与太郎。

京都につくと、八雲師匠と二人会を開く萬歳師匠の息子さんの萬月さんが迎えに来てくれていた。

萬月さんは、八雲師匠に何回も弟子入りをお願いして断られ続けていた。

萬月にケンカを売られてもさらりとかわす与太郎を、萬月は面白いと感じたのだった。

 

与太郎と八雲が留守にしている間、小夏は部屋で写真を探していた。

そこを松田さんに見とがめられ、昔の八雲師匠たちの話を聞くことになった小夏。

その後、小夏は疑いが晴れないまま、少しずつではあるが、八雲との関係は解消されていく。

与太郎と小夏の二人に、助六とみよ吉の話を八雲が話しだすまでに、あまり時間はかからなかった。

 

『昭和元禄落語心中』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『昭和元禄落語心中』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

海街diary おすすめ!
プラチナエンド おすすめ!
僕たちがやりました おすすめ!
パラフィリア~人間椅子奇譚~ おすすめ!
ぎんぎつね 

↑「昭和元禄落語心中」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

『昭和元禄落語心中』を読んだ感想!

 

落語を知らない人でも楽しめる漫画です。

『昭和元禄落語心中』は十巻完結。与太郎の存在で段々と変わっていく八雲と小夏。

 

小夏はそのうち与太郎と夫婦になるのですが、そこら辺の関係も複雑で…。

最終巻を読んだ時は驚愕しました。

小夏は両親の死に関する記憶がなく、八雲の顔と父親の死に顔だけが脳裏に焼き付いていて、八雲を憎むようになってしまうのですが、ほんとは違うのに!と叫びたくなるくらいのめりこんで読んでしまいました。

若い時の八雲師匠のカッコよさと言ったらないので、そこもお楽しみです。

八雲の落語に対する思いは、助六と共に育ってきたもので、助六がいない今、そこからの人生、小夏を育てるためだけに生きてきたような部分があります。

 

まるで罪滅ぼしのような・・・。

そこがまた切ないのですが、アニメになってもそれは変わらなかったですね。

声もあり動いている分より感情移入してしまったかも知ません。

八雲の固まった心をほぐしていく与太郎の能天気さも、魅力あるキャラクターとして映りました。ぜひ一度読んでみてください。

 

『昭和元禄落語心中』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『昭和元禄落語心中』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!