いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

テンプリズム(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

原作:瑞木奏加/曽田正人先生による作品である『テンプリズム』(小学館)

 

遥か未来か、それとも過去か…。

人々が自然と共に暮らしていた時代。

東の大陸にある小国「骨(グウ)の国」が、ある未知の技術を手にした時から。

世界は恐怖にのみこまれようとしていた…。

機械兵の存在によって、次々と各国が侵略されてゆく。

攻撃を受けた蘭土国の隣国、アイリッカ国では、まだ平和な生活が続いていた。

 

カラン王国の王子、ツナシ。

カラン王国再興のため、皆がツナシに期待を寄せる。

しかし、ツナシは小さい頃から教え込まれた、たった一つの考え方に、縛られたくはなかったのだった――。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『テンプリズム』と検索。

『テンプリズム』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

テンプリズムのあらすじは?

 

選ばれしものとして、この世に生れ落ちた、カラン王国の王子、ツナシ。

今はないカラン王国再興のために、教育係のユイと稽古に明け暮れていました。

自分の進むべき道を、まだ決められないでいるツナシは、ユイが他の国からスカウトされている場面を見てしまいます。

ツナシへ期待していることを知り、そして真剣なユイの横顔をみたツナシは、修行を頑張ろうと決意します。

 

家に帰ったツナシに驚きの光景が目に飛び込んできました。

家の者たちを倒し、地下へ向かったユイを追ってツナシは走り出し、ユイと対峙します。

ユイはツナシに成り代わって王子になろうとしていました。

 


テンプリズム

↑サイト内にて『テンプリズム』と検索↑

 

テンプリズムのネタバレ・その後どうなる?

 

金の瞳を持つツナシの目はオロメテオール「流星の金」と呼ばれるものでした。

その金の瞳を持つ者は、光と剣とひとつとなり、邪悪の闇を切り裂き、あまねく世界を照す、といわれています。

自覚のなかったツナシでしたが、ユイがカランのみんなを殺したものと思い込んで、怒りに任せ剣をふるいました。

その時、ツナシの右目の絶対に取れなかった眼帯が、ぽろっと取れました。

ツナシの右目は金色に輝き、ユイが手にしていたカランの宝刀がツナシの元へ飛んでいきます。

剣を手にしたツナシは、ユイに躊躇なく突き刺しました。

 

「オレの事が嫌だったって…なんだよ今さら」

ユイを倒して戻ってくると、倒されていたはずのカランの人々がきちんと座って待っていました。

「みんな、なんで…」

ユイの手によって、2時間だけ仮死状態にされていただけだ、と説明されたツナシ。

これは全て、ユイがツナシの力を開花させるために仕組んだことだったのです。
地下の空間もユイがツナシのために作ったもの…。

そしてユイは自分の命をかけて、ツナシのオロメテオールの力を開花させました。

 

ユイの命と引き換えに得た力で、グウの国と戦うことを決意するツナシ。

墓を建てたツナシの前に、さっそく山の向こうからグウの国の空軍がこちらへ向かってくるのでした。

自らの目の力を解放し、みんなが逃げる時間を作るツナシの元へ、宝刀が飛んできました。

グウの国の機械兵たちに剣を向けたツナシ。

剣は伸びたり縮んだりしました。

ツナシが戦っているその姿は、多くの者たちが見たのです。

光の剣士の唄をきいたことのあるアップンは旅の途中、ツナシに出会います。

ツナシがひとりで旅に出てから、もう2年の月日がたっていたのです。

アップンはグウの国の脱走兵です。

機械兵の弱点は頭だと教えてくれましたが、肝心の一番の弱点については知りません。

機械兵の弱点、それは機械兵たちを操っている呪術師たちの力を伝える装置「ライタイト」でした。

 

遥か上空にある「ライタイト」を破壊したツナシ。

破壊した「ライタイト」を野犬に括り付け、反対方向へ逃げたツナシ達。

そして野犬を、ツナシだと思って追いかけてきたのはグウの国の天才魔術師の少女ニキでした。

ニキはツナシをおびき寄せるため、旧カラン王国の長老である事九に接触しました。

 

『テンプリズム』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『テンプリズム』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

プリニウス
魔王城でおやすみ おすすめ!
もののがたり おすすめ!
ブラッディ+メアリー
鬼滅の刃 おすすめ!

↑「テンプリズム」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

テンプリズムを読んだ感想!

 

ツナシの成長と葛藤が描かれた作品です。

王子であることを運命づけられたツナシは自分の力を信じられないまま、暮らしていました。

そんなツナシに訪れた転機、とその後の運命に、すごく切なくなってしまいます。

 

ニキがツナシへの恋心をもったあたりから、何となく話が恋愛ルートへ行くのがびっくりしたのですが、闘いの中で、恋が芽生えることもあるでしょう…でもニキの場合、ヤンデレすぎますよね!

そしてツナシがモテる理由がわからないまま進んでいく…。

ツナシの気持ちは、ニキの思いは…どうなっていくのでしょう?

女の子の怖い心情をかくときの、迫力がある作画に、思わず力が入ってみてしまいました。

そんななかでも、ユイの何か策略を巡らせている感じがすごく不穏で、ハラハラさせられます。

 

展開は割とスピードが速いような気もします。

ちゃんと読んでいないと追いつけなくなってしまい、何度か読み返しました。

 

バトルファンタジーが好きな方には是非読んでいただきたいです。

「め組の大吾」や「capeta」を手掛けた曽田先生の最新作。

ファンの方ならば必読の作品です。

 

『テンプリズム』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『テンプリズム』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!