いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

てをつなごうよ(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

目黒あむ先生の作品『てをつなごうよ』

 

コスモスの押し花・・

彼女は覚えてないみたいけど

とても大切な記憶が彼にはあるのでした。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『てをつなごうよ』と検索。

『てをつなごうよ』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

『てをつなごうよ』のあらすじは?

 

楠小豆と大豆は有栖野団地に住む仲良しな姉弟です。

そのお隣さんには幼馴染で女性からモテモテな橘千花が住んでいます。

お互いに両院が仕事で忙しいので協力し合いながら成長してきました。

千花は小豆に想いを寄せているのです。

そんなある日反対隣に問いの近い兄弟が引っ越してきたのですが・・

 


てをつなごうよ

↑サイト内にて『てをつなごうよ』と検索↑

 

『てをつなごうよ』のネタバレ!

 

橘千花(たちばな・ちか)はもうすぐ高校2年生になります。

有栖野団地1号棟205号室に母と2人で暮しています。

お隣さんには楠小豆(くすのき・あずき)が住んでいます。

2人は小さい頃からずっと一緒なのです。

 

「千花ちゃーん、遊びにきたよー。」

と小豆と弟の大豆(もうすぐ小学1年)が千花の部屋を訪れます。

大豆は千花と小豆の写真を見て

「おねぇちゃんもちーちゃんもちっちゃーい!ぼくよりちっちゃい?」

と2人の小さい頃の写真を見て興奮。

 

「千花ちゃん私より小さかったんだよ」

と大豆に教えてあげると

「お前もチビだったろ」

と突っ込まれます。

千花より2センチは大きかったと誇らしげに言う小豆に

「足は俺の方が1センチでかかったけどな」

と見栄の張り合い、そんな2人を見ていた大豆が

「どんぐりのせくらべってしってる?」

と言います。

 

「相変わらずかわいい顔でえぐいなコイツ」

と言う彼と笑顔でそんなことを言う大豆がかわいいとブラコン発揮。

うるさいと鼻をつまむ千花にいたいと言う小豆。

2人はいつもこんな感じなのです。

そんなことをしている間に大豆が何かを見つけました。

それはコスモスの押し花でした。

 

「げっ」

と小豆に見られてはいけないものを見られてしまったかのような千花に対して彼女は

「千花ちゃんにこんな乙女チックな趣味があったとは」

と言います。

それを聞いた彼は

「まっ、覚えてるわけないわな」

と言うのですが小豆には全く見覚えのないことらしく・・

タイムセールの時間がきてしまいました。

 

「ごめん、千花ちゃん私行くね。戦場に」

と大豆と一緒にスーパーに向かいます。

部屋に残された千花はため息を吐きさっき彼女に言われた言葉を思いながら

「・・まあ、ある意味乙女だけどなー・・」

と思うのでした。

有栖野団地は1号棟と2号棟があって千花達が住んでる1号棟は比較的子供が多くその中でいつも千花はいじめっ子達の攻撃の対象になっていました。

小さい頃の千花は女顔で気弱で泣き虫できわめつけは女みたいな自分の名前がずっと大嫌いだったのです。

1号棟のボスのフミくんと他の男の子達にからかわれ1人で隠れながら泣いている千花。

そこへ

「ちかちゃんみっけ」

と小豆が、ちかちゃんという小豆に

「ちかちゃんっていうな」

と目をこすりながら言う千花に

「どうして?」

と小豆は尋ねます。

 

「おんなのこみたいできらいなの!!」

と言う彼を見て

「ちかちゃんおとこのこだよ?」

と尚更、はてなマークが浮かぶ小豆。

「みんなぼくのことばかにするんだ」

と聞き

「またフミくんにいじめられたんだ」

と小豆に言われまたプルプルしだす千花。

泣かないように我慢していると何を言うわけでもなく落ち込むたび小豆は手をつないでくれるのです。

千花はいつもその手にひどく安心していました。

205号室にて小豆が

「あのね、おいたするこはちょびっとだけおしおきしてもいいんだって」

と“わるいこどこだ”と書かれた紙を持ち千花に説明をします。

おしおきとはわるい子をやっつけるということ

「だからね、ふたりでフミくんたちにおしおきしよう」

とやる気充分の小豆。

 

「いっつもちかちゃんにいやなことしてるもんね。ちょっとくらいおしおきしてもいいとおもうの。」

とおしおきだいさくせんを実行します。

その作戦とは・・

子供が考えるばかみたいに単純なものだったのです。

作戦その1、有栖野団地 こども会のハロウィンパーティーに2人で行く。

その2、おかしをもらう。

その3、ふみくんたちのお菓子を奪って全部食べる! 可愛く仮装をした2人はフミくんのお菓子を食べ、案の定フミくんい見つかり追いかけられます。

すると小豆の髪を掴んだフミくん。

小豆は捕まってしまいます。

 


てをつなごうよ

↑サイト内にて『てをつなごうよ』と検索↑

 

「おまえよくもおれらのおかしうばってくれたな。」

と怒るフミくんに

「いっつもちかちゃんいじめるからわるい」

と小豆も負け時と言い返します。

小豆ちゃんが捕まったのに何も出来ない千花。

どうしようどうしようと考えています。

すると

「よーし!おまえなまいきだからさきにせいさいなっ」

と小豆の髪を引っ張ります。

その時・・

 

「やめろー!!」

と大きな声で止めようとする千花。

 

「あずきちゃんにひどいことするな・・!」

と勇気を出して言うのですが

「うるせー!!おんなおとこ!!」

と言い返されてしまいます。

ですが

「このさくせん、ぼくがかんがえたからあずきちゃんかんけいないんだもんね!!」

 

「ふみくんばかだー!!」

と更に言い返すと

「おんなおとこがちょーしのんなよ!!」

と千花を叩こうとしますが小豆が

「とう」

とフミくん向かって跳び蹴りをしたのです。

いつだって小豆は千花のヒーローで・・

やっぱり心底だめな奴だったなと思う千花。

いつもの場所で

「もうやだぼく、まえかえたいよー」

と泣いている千花に

「どうして?」

と小豆は聞きます。

 

「こんなおんなのこみたいななまえだからぼくよわっちいんだよ・・!おんなのこみたいなかおしてるんだ」

 

「なまえかわったらあずきちゃんのことも・・まもれるもん。」

と言う千花に小豆は

「だめ」

と即答します。

 

「わたしちかちゃんのなまえすきだもん。あのね、おかあさんがおしえてくれたの。ちかちゃんのなまえはね。かんじで千と花ってかくんだってそれでね、千はたくさんっていういみで花はおはななんだって。ちかちゃんたくさんのおはななの。きれいでちかちゃんにぴったりね。」

 

「ちかちゃんかっこいいよ。かっこいいときれいだからいちばんすごいね。」

とコスモスのお花を渡します。

自分の名前が好きになった。

強くなりたいそう思った。

これが俺の一番大切な幼い日の記憶。

 

「・・ちゃん。千花ちゃん」

と呼ぶ声が聞こえます。

目を覚ますと目の前には小豆が・・

「今日お鍋したから千花ちゃんもうちで食べよ」

と言います。

いつの間にかぐっすりと寝てしまっていた千花。

なつかしい夢も見ました。

きっとあの押し花のせいでしょう。

千花はこのコスモスが枯れるのが嫌だったので押し花にしたのです。

小豆が

「怖い夢でもみたの?」

と聞くと千花は顔を寄せ

「・・お前さ、俺のこと好き?」

と聞きます。

すると

「好き以外思ったことないよ?」

と応えるのでした。

 

小豆は俺をきれいだって言うけど・・

あの日から俺にとってはお前が一番きれいで

それこそ花みたいなんだなんて・・

絶対に言わないけどな。

 

『てをつなごうよ』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『てをつなごうよ』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

三日月と流れ星
深夜のダメ恋図鑑
カレシが浮気をしちゃったら
四月は君の嘘 おすすめ!
うそつきアイドル 偽婚同居 おすすめ!

↑「てをつなごうよ」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

『てをつなごうよ』を読んだ感想!

 

2人の幼い頃がとっても可愛いです!冒頭では、幼い頃の記憶が千花くんの夢の中でというお話ですが最後の俺のこと好き?

というところは・・

あの幼い時の可愛い千花くんとは違って私もきゅんっとしてしまいました。

当たり前のように応える小豆ちゃんなのですが・・

私が読みとれなかっただけなのかどちらの意味で言ったのか少し分かりませんでした。

 

当たり前のように応えるもので

「幼馴染として」

なのか

「異性として」

なのか表情からだと少し私は難しかったです。

なのでとても続きが気になります!千花くんの想いがちゃんと実るのかとても楽しみです!

 

『てをつなごうよ』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『てをつなごうよ』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!