いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

真説 ザ・ワールド・イズ・マイン(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』(エンターブレイン出版)は、新井英樹先生による作品です。

 

連続殺人鬼の二人組み、モンちゃんとトシ。

謎の巨大生物、ヒグマドン。

2組の生き物が巻き起こす事件は日本から拡がり、やがて世界を大きく動かしていきます。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』と検索。

『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

真説 ザ・ワールド・イズ・マインのあらすじ!

 

三隈俊也はごく普通の青年でした。

真面目な郵便局員として過ごしながら、空虚な毎日に少しの絶望を抱いていました。

俊也の趣味は、消火器爆弾を作ること。

絶対に爆発させない爆弾を背負ってサイクリングをする、そんな中途半端な行為で自身の欲求を抑圧していました。

 

しかしそんな彼の倫理は、モンとの出会いで粉々にされます。

 

暴力、殺人、窃盗、強姦。

そんな法的・倫理的な悪に一切の抵抗が無い謎の男、モン。

モンの圧倒的な力に魅せられたことで、俊也の欲望があふれだします。

俊也は自らをトシと名乗り、モンとコンビを組んで犯罪を犯し始めます。

東京都内で始まった消火器爆弾による連続爆発は、都民を、そして日本国民を恐怖に陥れることとなりました。

 

なぜか北に吸い寄せられたトシとモンは、北海道を目指して東日本を北上していきます。

日本で一番有名な爆弾魔となっていく一方、トシの内面は臆病な青年のままでした。

 

しかしついに青森で大事件を起こしてしまいます。

連続爆破テロ、警察署襲撃、そして代行殺人。

自らの手で人を殺してしまったトシは、いよいよ殺人鬼としての側面を強めていきます。

 

一方その頃、連続爆破のニュースに隠れるようにして、謎の巨大生物が北海道から本州に上陸していました。

熊に似た相貌からヒグマドンと仮称された生物は、トシモンと時期を同じくして殺戮を開始、徐々に東北を南下していきます。

 

更にそのヒグマドンを追うこととなった凄腕の猟師・飯島や、飯島の取材を行う新聞記者・星野。

それぞれの進路は遂に秋田県大館市で交錯し、運命が大きく動き始めます。

 


真説 ザ・ワールド・イズ・マイン

↑サイト内にて『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』と検索↑

 

真説 ザ・ワールド・イズ・マインのネタバレ・トシモンの運命とは?

 

青森でトシモンは一旦警察に身柄を拘束されます。

何とか逃げ出すも、その際にトシの身元が全国ニュースで報道されることとなります。

更に逃げ出した雪山でモンはヒグマドンと遭遇し、自分では敵わない圧倒的な力を知ります。

始めて自身の死を認識したモンは、他人を傷つける恐怖を知り、今までのように暴力や殺人を行えなくなります。

 

弱体化したモンに失望するトシ。

追い討ちをかけるように、母親が殺人鬼の母として糾弾され自殺したことを知ります。

拠り所としていたものを全て失ったトシは、残酷な殺人鬼として生まれ変わり、積極的に殺人を犯すようになっていきます。

 

一方モンは、恐怖の象徴であるヒグマドンと秋田で再び見えます。

おびえるモンでしたが、猟師・飯島に命のやりとりについて教わったことで恐怖を振り払います。

命について独自の価値観を確立したモンは、以降世界的に有名なテロリストへと成長していくこととなります。

 

ヒグマドンは大舘市を壊滅状態にしたことにより、やっと世界的な脅威として認識されます。

自衛隊の攻撃により仙台市内で仮死状態に追い込まれ捕獲。

その後太平洋を輸送されますが途中で巨大化を開始。

水爆を打ち込まれようやくその成長を止めます。

 

支持者により上手く逃亡したモンと反対に、トシは警察に捕らえられ、更には被害者の遺族たちによってさらわれます。

力に魅せられ残虐な行為を繰り返したモンは、その力の報復により残虐な方法で殺害されることとなります。

 

その後、モンは関東で大規模なテロ行為を起こしたあと、海外に逃亡。

世界中の若者たちからカリスマとして崇められることとなります。

モンの生命の捉え方に共感した人間によって、世界中でテロが多発。

大量の核兵器発射により、世界は滅亡することとなりました。

 

『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

怪物王女 おすすめ!
ULTRAMAN おすすめ!
結界師 おすすめ!
終わりのセラフ 
プランダラ 

↑「真説 ザ・ワールド・イズ・マイン」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

真説 ザ・ワールド・イズ・マインを読んだ感想!

 

週刊ヤングサンデーにて1997年から連載された『ザ・ワールド・イズ・マイン』。

こちらの『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』は、2006年に加筆・修正されて再度出版されたものとなります。

 

この作品の特徴の一つは、熱心な暴力描写です。

リアルな痛みを想像させる、青年誌の中でも際立って残酷な描写が繰り広げられます。

漫画における暴力描写には目的が何種類かあるように思います。

現実性を際立たせるためだったり、エンターテインメント性を求めてのものだったり。

『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』における暴力描写は異色で、暴力を描くことそのものが目的ではないのかな、と思います。

 

痛みを感じない、他人の痛みを共感できない人間によるモンの暴力。

痛みを恐れつつ、力の強さに魅せられ暴走した人間によるトシの暴力。

痛みを知らない、圧倒的な生物としての強さに溢れたヒグマドンの暴力。

 

性質が違うそれぞれの暴力をすさまじい熱量をもって描いたうえで、それをどう感じるかは読者に全て委ねたような印象を受けます。

ストーリーや結末をどう受け取るか、も読者に委ねられているように感じます。

実際、読んだ方が持つ感想は本当に千差万別です。

しかし少なくとも、何かしらの強烈な衝撃を味わうことは確実です。

あまり漫画を多く読まない方や、他ジャンルの著名人からも絶賛された今作。

漫画を読む方ならば一度読んでみることをおすすめします。

 

『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『真説 ザ・ワールド・イズ・マイン』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!