いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

血の轍(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

血の轍

押見修造先生による作品である『血の轍』(小学館)

 

幼い頃の記憶…。

3歳の長部静一(おさべせいいち)は母親である静子(しずこ)と手を繋ぎ、散歩している夢をみた。

 

夢の中で、道路に横たわる猫を見つけた静一。

静子は「ねこさん」と言った。

 

近づいてみると、ねこは横たわっているだけではなく死んでいた。

静一は、静子にどうして死んでいるのか、と尋ねた。

 

しかし、静子はただ微笑むだけだったのだ――。

中学二年生になった静一。

 

静子は部屋まで静一を起こしに来る。

母、静子の愛情を一心に受け、平穏な日常を送っていた静一だったが――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『血の轍』と検索。
▽スマホ・PCで『血の轍』を無料で試し読み

 

血の轍のあらすじは?

 

中学二年生の長部静一(おさべせいいち)は、幼い頃に母、静子と共に散歩していた時の記憶を夢に見ました。

静一のことを部屋まで起こしにきた静子は、いつもと変わらない優しい笑顔です。

 

朝ごはんの肉まんを食べ、父親と母親の会話を聞き、天気予報を聞きながら、静一は静子の横顔をみていました。

静一は、静子の愛情を感じています。

 

学校ではいつものように楽しい日々を過ごしていた静一でしたが、夏休みに入り、親戚一同で行楽に出かけることに…。

そこで、静一の平穏な生活は一変してしまう出来事が起きてしまうのです。

 

血の轍
血の轍

↑サイト内にて『血の轍』と検索↑

 

血の轍のネタバレ・その後どうなる?

 

静一は、次の日の土曜日、友達とラーメンを食べる約束をして家に帰りました。

帰ってきた静一に、明日、来客がくることを伝えます。

 

父方の伯母と、その息子であるしげるが来るというのです。

友達と約束をしていた静一でしたが「断るから大丈夫」といって、静子と一緒に家にいることにしました。

 

その日の夜、飲み会で遅くなるという父を待ちながら、静子と静一は二人で夕飯を食べています。

その時、今朝見た夢の話をした静一に、「静ちゃん、おぼえてるん?!」と目を輝かせました。

 

三歳のときの事を覚えている静一に、「静ちゃん、ママに抱きしめさせて」と顔を近づけます。

恥ずかしいと言って避ける静一。

それでも静子は嬉しそうに微笑んでいました。

 

次の日、土曜日なのに仕事が残っていると言った父は、お昼には帰ると言い残して出かけてしまいます。

掃除をかけ終わると、ちょうど伯母としげるがやってきました。

 

しげるは二階に行こうと静一を誘い、二人は静一の部屋でテレビゲームをすることにします。

ひとしきり遊んだ後、静一は、しげるに言われました。

 

「静ちゃんちってカホゴだいね」

静子が無駄に静一にベタベタすると言われ、静一は「お母さんのこと変なふうにいわないでよ」と静かに言いました。

 

お昼になり、父も帰ってきて、皆でうどんをとって食べることになりました。

食事中、伯母が夏休みに、みんなで山登りに出かけようと言いだします。

 

静一は静子の横顔をみていました。

伯母たちを見送ったあと、静子に「いつもありがとう」と言った静一に、静子はキスをします。

 

それから毎週、しげると伯母は、静一たちの家に遊びに来るようになりました。

静子はいつも楽しそうに笑っていたのです。

 

そして夏休みになったある日、静一の祖父母、伯母夫婦としげる、そして静一の家族が山登りをする日がやってきました。

山道はきつい坂が続き、三分の一までやって来ると、休憩をとることにします。

 

高い崖の上で、しげるは静一を呼びました。

静子は静一に「気を付けて」と言い、伯母は「だいじょうぶよ」と笑います。

 

しげるは崖から静一を落とすふりをし、慌てた静子は、静一を抱きかかえるようにしました。

その姿に大笑いした伯母。

 

過保護だと言われ、また山登りを再開し、お昼休憩になりました。

またもしげるが静一を誘い、茂みの中に入りました。

 

崖の前に立ったしげるに、「またドンってやるんべに」と怒る静一。

しげると静一が言い争っているところに、静子がやってきました。

 

「過保護」とおどけてみせるしげるは、危なく崖の下に落ちそうになってしまうのです。

静子が駆け寄って抱きしめ、落ちずに済んだしげるに「しげちゃん!だから言ったでしょ」といいました。

 

「うるせえな」といっていたしげるは、静子の顔をみて真顔になります。

次の瞬間、静子はしげるを崖の下に突き落としたのでした。

 

▼↓サイト内にて『血の轍』と検索↓
▽スマホ・PCで『血の轍』を立ち読みしたい

 

血の轍を読んだ感想!

 

母親の愛情というものは、ときに狂気になりうるという事を描いている作品だと思いました。

押見先生の作品は、いつも視線やしぐさで、心の中を描いているものが多いと感じます。

本作品はまさにそれだと思いました。

 

愛情とは目に見えないもので、母親の行動とは、自分の思い描くことのできる部分の外にあるのだと感じます。

本人ではないし、なぜ静子がしげるを突き落としてしまったのか、抱えているものがあるだろうという事はわかっていても、どうすることもできなかった静一。

 

平凡な日常だと思っていたものは脆くも崩れ去ってしまった静一は、これからどのような行動に出るのでしょうか?

衝動的な行動の後、それぞれがどのような選択をするのか、今から楽しみでしかたありません。

 

▼↓サイト内にて『血の轍』と検索↓
▽スマホ・PCで『血の轍』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
血の轍