いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

東京喰種(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想もぜひ参考に!

人間を食べる喰種(グール)と、人間ながら喰種となった青年のダーク・ファンタジー

石田スイ 作

東京喰種(集英社)

 

★☆★喰種に襲われるだなんて、自分が喰種になるだなんて、思わなかった☆★☆

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『東京喰種』と検索。

『東京喰種』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

東京喰種のあらすじ

 

喰種(グール)とは、食物連鎖の頂点にある人間を襲い、死肉を漁る化け物。

そんな喰種は人間に化け、巧みに人間を襲います。

 

世の中では、喰種による殺人事件が絶えることなく続き、警察とマスコミが血眼になって、人類の天敵である喰種を追っています。

 

そんな喰種を何となく信じている主人公、金木研はどこにでもいる読書が好きな大学1年生。

喫茶店「あんていく」で、同じ本「黒山羊の卵」を読む女性、神代利世に密かに恋をしていました。

見ているだけでいい、目が合うと微笑んでくれる・・・それだけでいい。

そんな小さく淡い恋心に、突然追い風が吹きます。

 

利世の肘に本が当たり、金木は読んでいた本を落としてしまいました。

彼女は金木の本に気づき

「同じ本を読んでいるんです。お好きなんですか?」

と話しかけ、会話は弾み、その後のデートの約束までしたのです。

 

デートも順調に進み、別れの時が近づいていました。

血液型も同じAB型であり趣味も同じく読書、そして年齢も同じく18歳と言う共通点の多さに、お互いに惹かれ合います。

利世と別れる時、彼女はとある事件の話をします。

喰種による殺人事件がこの近くであった・・・

怖くて一人で帰りたくない・・・

金木は喜んで家まで送ることを決めました。

 

そして、人のいない路地に入ったその時、利世が

「私知っていたんです、金木さんがずっと私のことを見ていてくれたこと」

と言いながら、金木の胸にそっと寄り添います。

近く唇、高鳴る鼓動、あぁキスをしてしまう・・・

しかし、唇に触れる柔らかい感触はありませんでした。

感じたのは、肩に走る痛み。

 

噛まれた・・・?

利世の顔を見ると、白目は血走り、人間の物とは思えぬ表情をしています。

「思わなかったでしょう?私が喰種だなんて」

そう笑う利世は、背骨から伸びた大きな触手爪を使って金木を追いかけます。

 

偶然じゃなかったのです。

本に肘がぶつかった事も、休日に遊びに誘ってくれた事も、全部彼女の策略だったのです。

 

逃げ惑う金木ですが、後ろから利世の長く伸びた触手爪で脇腹を抉られ、壁に叩きつけられます。

意識は朦朧とし、あぁ食べられてしまうのか・・・そう思った時でした。

叩きつけられた衝撃でしょうか?それとも偶然?ビルの屋上に置かれていた鉄骨が揺れ、轟音と共に落ちてきたのです。

その鉄骨は金木の隣に落ち、そして利世の体を突き刺しました。

 

目撃者が救急車を呼び、金木と利世は搬送されます。

利世は即死、そして金木は瀕死の状態・・・

そんな金木を見て、医者は決断します。

 

「彼女の臓器を彼に移植する」

 

これが幸か不幸か、いや、絶対に不幸であった。

喰種の臓器を移植させられた人間が、人間として生きられようか?

 


東京喰種

↑サイト内にて『東京喰種』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

瘴気のガスマスカレイド おすすめ!
バウンサー おすすめ!
HELLSING おすすめ!
Fate/kaleid liner 
幽遊白書 

↑「東京喰種」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

東京喰種のネタバレ

 

目が覚めた金木を襲ったのは、悲劇以外の何物でもありませんでした。

 

焼き魚は生臭く、味噌汁は濁った機械油のよう、豆腐は動物の脂肪を練り固めた食感、白米は口の中で糊をこねている感覚。

全てが不味く、食べられたものではなかったのです。

ありえない事ですが、入院生活はほとんど水だけで過ごしました。

 

退院して多くの食べ物を口にしますが、どんな食べ物も不味く、激しい嘔吐感に襲われてしまいます。

最初は不思議と空腹を感じませんでしたが、しばらくすると耐え難い食欲に襲われ、そして、人間を見ると涎が止まらなくなってしまうのです。

目も左目だけが赤くなってしまい、その様はテレビで言われる「喰種の特徴」と全てが合致しているのでした。

金木は確信しました。

 

自分は喰種になってしまったのだ と

 

その後、金木は「あんていく」のバイトであるトーカと出会います。

彼女も喰種であり、人間を食べていたのです。
金木は人間を食べたい、しかし食べたくない・・・

葛藤に苦しみ、トーカに助けを請います。

 

しかしトーカは冷たく切り捨てますが、そこへもう一人の喰種、あんていくの店長が現れます。

彼は仲間は助け合うべきと考え、金木に保存してあった人肉を分け与えます。

しかし、金木は食べる事が出来ず、またも手当たり次第に自分が食べられる物を探しに行くのでした。

 

そしてついに見つけます。

コーヒー でした。

コーヒーだけは何の問題もなく飲む事が出来たのです。

 

急いでスーパーで買い貯めする金木ですが、その帰りに喰種が人間を食べている現場を目撃します。

そして、喰種と喰種の縄張り争いがある事も知ります。

 

多くの喰種と出会い、半喰種としての生き方を決める事になる金木。

今後金木をどのような出来事が襲うのか、そしてどうやって半喰種として、半人間として生きて行くのか、乞うご期待です。

 

『東京喰種』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『東京喰種』と検索↑

 

東京喰種を読んだ感想

 

アニメにもなっています、東京喰種の記事を書かせて頂きました。

週間ヤングジャンプで連載されており、2015年には舞台が上映、2017年夏には実写映画が予定されている大人気ダーク・ファンタジーです。

バトルそして残酷な描写や、心理描写など、石田スイ先生によって巧みに描かれています。

序盤はスローテンポで物語が進み、後半につれて金木の周りを多くのピンチが行き交うスピード感のある物語として描かれます。

 

ページをめくる手が止まらないこと間違い無しです。

是非、お手にとって読んでみてください。

 

『東京喰種』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『東京喰種』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!