いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

とりかえ・ばや(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

とりかえ・ばやのネタバレ――1000年以上前のロマンスの物語

さいとうちほ先生の作品のとりかえ・ばや。

平安時代の「とりかえばや物語」という古典文学を漫画化した作品です。

 

平安時代の貴族の家に生まれた、玉のように美しい女の赤ちゃんと男の赤ちゃん。

成長するにつれ、「沙羅双樹の姫君」は外遊びが好きな活発な子に、「睡蓮の若君」は人形遊びを楽しむような内気な子に育っていき、やがて沙羅双樹の噂が帝にまで届くようになります。

 

そして、沙羅双樹は男として元服し、睡蓮は女として裳着の儀を執り行うことに…。

男女取りかえられた二人の人生と恋の物語が、さいとうちほ先生の美しい絵で描かれます。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『とりかえ・ばや』と検索。

『とりかえ・ばや』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

とりかえ・ばやのあらすじは?

 

時は平安時代。父親は元・関白、兄は右大臣、本人は権大納言にして近衛大将という大貴族・藤原丸光のもとに、二人の赤ちゃんが誕生しました。

「東の上」との間に産まれてきた若君は、東の対屋の池に美しく咲いていた睡蓮にちなみ「睡蓮の若君」と、「西の上」との間に産まれてきた姫君は、その庭に気高く咲く沙羅双樹にちなんで「沙羅双樹の姫君」と呼ばれました。

 

二人は双子でもないのに、よく似た赤ちゃんでした。

そして成長するにつれて、そっくりに育っていったのです。

 

顔はよく似ている二人でしたが、性格は正反対。

沙羅双樹は外で遊ぶのが大好きな活発な子に育ち、まわりの人たちからもいつの間にか「若君」などと呼ばれるようになっていました。

父親から説教されても、「女の遊びはおもしろうないからです」、「外で男童ととびまわっているのがすきなのですっ」と反発します。

一方で、睡蓮の若君は、屋敷の中で人形遊びが好きな、内気な少年でした。

 

そして、ついに二人は、それぞれの性別を偽って、沙羅双樹が男性として元服の儀を、睡蓮が女性として裳着の儀を執り行うことになるのです。

そして二人は、入れ替わったまま沙羅双樹が男として出仕して帝に仕えて四の姫と結婚、睡蓮も女として女東宮の元に仕えることになります。

 


とりかえ・ばや

↑サイト内にて『とりかえ・ばや』と検索↑

 

とりかえ・ばやのネタバレ、その後どうなる?

 

沙羅双樹の同僚であり親友である石蕗は、自分は男の沙羅双樹を好きなのではないかと戸惑います。

そして、沙羅双樹の妻である四の姫を垣間見てしまったのをきっかけに、沙羅双樹への想いを断ち切るため屋敷に忍び込んで四の姫と密通してしまいます。

そして四の姫は懐妊――。

沙羅双樹と四の姫は関係は良好でしたが当然夫婦関係はなかったわけで、沙羅双樹は四の姫の密通を知り、二人の結婚生活は破たんします。

 

石蕗は、沙羅双樹が女性であることを確信し、強引に関係を結びます。

沙羅双樹はその後は石蕗とはあくまでも友人としてつきあっていこうとし、仕事に勤しみますが、なんと沙羅双樹までもが懐妊――。

沙羅双樹は男としての人生を捨てて、子どもを産むために失踪しようとしますが、石蕗に見つかり、宇治にかくまわれます。

宇治で子どもを産むための準備をしていた沙羅双樹は、流産してしまい、失意の中で、自分を探しに来た睡蓮と再会します。

 

時は少し遡り、女東宮に内侍として仕えていた睡蓮は、自分の仕える女東宮への想いに気づき、やはり性別を偽っている自分の生き方に悩みます。

そして沙羅双樹の失踪や、帝への入内問題、女東宮への想いなどから女性として生きることをやめ、男性として生きることを決心して、元服して沙羅双樹を探しに行きます。

そして、ついに二人は宇治で再会します。

二人で吉野に行き出家することを望んでいましたが、宮中で起きている女東宮を巡った諍いや帝の悩みを知り、吉野の宮の協力により、お互いの立場を入れ替えて宮中に戻ることを決意。

沙羅双樹は「睡蓮の内侍」として、睡蓮は「沙羅双樹の右大将」となって、自分の本当の性で、新しく生きていこうとします。

 

『とりかえ・ばや』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『とりかえ・ばや』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

雛鳥のワルツ
Paradise Kiss
天使なんかじゃない
指令とキス
大正ロマンチカ おすすめ!

↑「とりかえ・ばや」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

とりかえ・ばやを読んだ感想!原作のラストは?

 

二人がそれぞれの本当の性で生きることにしてからも、宮中には陰謀が渦巻いています。

女東宮は東宮の位を下りることになり、新しい男の東宮を立てようとする流れになっていました。

そんな中、「睡蓮の内侍」となった沙羅双樹は帝の一番近くで仕えることになり、帝との関係は急接近することに。

それにより、陰謀の黒幕である銀覚に目をつけられるようになります。

銀覚は沙羅双樹と睡蓮の入れ替わりに勘付き、沙羅双樹を脅して追い詰めようとしてきます。

 

一方で、鞍馬山で銀覚の陰謀の証拠となる呪詛を見つけた睡蓮。

追っ手から何とか逃れて呪詛の証を従者から吉野の宮に届けさせることに成功しますが、自身は追っ手から逃れる際に崖から落ちて、行方不明になってしまいます。

睡蓮は無事なのか、陰謀は無事に食い止められるのか――?

 

原作の古典「とりかへばや物語」では、元の性に戻った二人は、それぞれ関白・中宮という人臣の最高位に至ります。

本作品では、さいとうちほ先生の美しい絵で、帝と沙羅双樹、女東宮と睡蓮のうっとりするような恋愛と宮中の政争が描かれ、とてもドキドキする展開になっています。

原作と同じようにハッピーエンドを迎えることができるのか?

早く続きが読みたくなるお話です。

 

『とりかえ・ばや』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『とりかえ・ばや』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!