いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

トリピタカ・トリニーク(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

トリピタカ・トリニーク

鈴木ジュリエッタ先生による作品である『トリピタカ・トリニーク』(白泉社)

 

お願い、どうか…長安を…この唐を助けてください――。

 

花果(かか)は村はずれの金山寺に、お師匠さまと2人で暮らしている。

お師匠さまの名前は玄奘(げんじょう)。

 

小さい頃、親に捨てられて、山をさ迷ってた花果を、お師匠さまが拾って育ててくれたのだった。

お師匠さまの事が大好きな花果。

 

弱そうに見えて、目ざとく、とても心配性…そして病弱で大人なのに、花果よりも体力がない。

頼りないという人もいるが、花果はそんなことはないと知っているのだった――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『トリピタカ・トリニーク』と検索。
▽スマホ・PCで『トリピタカ・トリニーク』を無料で試し読み

 

トリピタカ・トリニークのあらすじは?

 

村はずれの金山寺で仲睦まじく暮らしていた玄奘(げんじょう)と花果(かか)。

花果は小さい頃親に捨てられ、山をさ迷っていたところを、お師匠さまである玄奘が拾って育ててくれたのです。

 

お師匠さまの事が大好きな花果。

お師匠さまは病弱で頼りないと追われていましたが、花果は知っていました。

 

初めて出会ったとき、虎に襲われそうになっていた幼い花果を、必死になって虎に立ち向かい、助けてくれたあの日のことを…。

酷いケガをしてしまったお師匠さまでしたが、意識が戻ってすぐ、自分ではなく花果の心配をしてくれたのでした。

 

その日から、ずっとずっとお師匠さまのお側にいると決めた花果。

しかし、村に黒い水が流れ込んできます。

 

都が荒れているという噂を確かめに、お師匠さまが一人で出かけることになってしまったのです。

 

トリピタカ・トリニーク
トリピタカ・トリニーク

↑サイト内にて『トリピタカ・トリニーク』と検索↑

 

トリピタカ・トリニークのネタバレ・その後どうなる?

 

黒い水は毒のようで、花果が見つけた時、魚が大量に死んでいました。

それは都の汚水が流れてきたものだ、と村人たちは口々に言います。

 

都は、花果たちが住んでいる村からずっと西に在り、国の中央と呼ばれているところなのです。

大人たちはお師匠さまを囲んで話し合いをしはじめました。

 

このままでは水だけではなく、土や空気、どんどん汚染が広がってしまうと考えはじめた大人たち。

井戸を掘っても解決せず、根本を解決するため、お師匠さまが都へ行くことになってしまいました。

 

それを聞いていた花果は「そんなの絶対ダメ!」とくってかかります。

法師であるお師匠さまならば皇帝陛下へのお目通りも叶いやすいため、お師匠さまが選ばれたのだと花果に説明しますが、病み上がりの身体を心配している花果は「じゃあ花果もいく!」と言って駄々をこねました。

 

「花果!」わかりなさい!こんな時にわがままを言ってはいけない」

お師匠さまに怒鳴られ、花果はふてくされてしまいました。

 

帰ってこれる保証はなく、花果はどうしても認めることができません。

そんな花果に、お師匠さまは自分がつけていた護身の輪を預けることにしたのです。

 

こんなの要らない、と言って放り投げますが、お師匠さまは優しく花果に言いました。

「この村は私と花果の、みんなの故郷です」

 

村を守りたいという事、花果がいてくれるから安心していけるという事を伝えたお師匠さまは、そのまま都へと旅立ってしまいました。

 

お師匠さまは、絶対に引き下がったりしない芯の強いお方だという事は、花果が一番よくわかっています。

花果はお師匠さまがくれた護身の輪を頭にはめ、お師匠さまが帰ってくるまで待つことにしたのでした。

 

その夜、村の子どもたちが、花果の心配をしてやってきます。

みんなで一緒に寝ていた花果は、夜中に頭痛がして目が覚めました。

 

すると、周りにいた子どもたちはおらず、部屋の中には猿が飛び回っていたのです。

猿の一人の服を見た花果。

 

それは泊まりに来てくれた龍という名前の男の子の服でした。

寺を出た花果は、辺り一面が炎で覆われていることに気が付きます。

 

村人たちは皆、猿に姿を変えてしまってるのでした。

花果はお師匠さまがくれた護身の輪のおかげで猿にならずに済んだのです。

 

このことをお師匠さまに知らせなくてはいけないと思った花果は、お師匠さまを追いかける旅に出ることにしたのですが…。

 

▼↓サイト内にて『トリピタカ・トリニーク』と検索↓
▽スマホ・PCで『トリピタカ・トリニーク』を立ち読みしたい

 

トリピタカ・トリニークを読んだ感想!

 

西遊記なのかな?と思いながら読みすすめていたのですが、名前は同じですが、全く設定も何もかも違いますので、別物として読むことができて、とても可愛らしいストーリーでした。

 

お師匠さまの中身が全然別の人間になってしまったり、一緒に旅をすることになった兄弟たちも、個性あふれるキャラクターなので、すごく面白かったですね。

 

タイトルの『トリピタカ・トリニーク』という名前も、ものすごく気になってしまい、調べてみたのですが、どうやら三蔵というのがトリピタカらしいです。

 

トリニークはどういう意味があるのでしょうね?

そのうち意味がわかるといいなと思いながら読みすすめてしまいました。

 

花果はお師匠さまが一番で、お師匠さまのために頑張る姿がとても可愛すぎますよね。

どなたでも楽しめる作品だと思いますので、ぜひ一度読んでみていただきたいです。

 

▼↓サイト内にて『トリピタカ・トリニーク』と検索↓
▽スマホ・PCで『トリピタカ・トリニーク』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!
トリピタカ・トリニーク