いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

月が導く異世界道中(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

木野コトラ・あずみ圭先生の作品『月が導く異世界道中』

 

異世界へと行くことになってしまった主人公。

勇者になるつもりが…?

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『月が導く異世界道中』と検索。
▽スマホ・PCで『月が導く異世界道中』を無料で試し読み

 

月が導く異世界道中のあらすじは?

 

中津原高校2年生 深澄 真は、神に請われて異世界で勇者となる…ハズだったのだが

「私の世界にふさわしい勇者は、別に手配したからさっさと視界から消えてくれる?」

自分勝手な女神により、真は、勇者にはなれなかった。

 

何故、真が異世界に来てしまったのかは少し前にさかのぼる。

真は、弓道部で副部長をやっていて

ある仲間からは“勇者”と呼ばれている。

この高校の弓道部は“奇跡の美形集団”と呼ばれており、

真は可もなく不可もなくという見た目なのだが、その美形集団の中に入っているというのを称えて“勇者”と呼ばれていたのだった。

 

友人との他愛もない会話。

普段と何ひとつ変わらない。

そんな平穏な1日。

だが今日は違ったのだ。

 

学校から帰宅し、お風呂に入り

父が書いた小説“異世界の騎士”を読む。

すると周りが真っ暗になり、さっきまで寝転んでいたベッドも何も無くなって

真は、浮いているようだった。

 

「ずいぶん落ち着いているな」

どこからか真に話し掛ける声がする。

「汝、深澄真。そなたの両親が交わした契約により、これより異世界へと行ってもらう。」

突拍子もない発言に思わず

…何言ってんだ、こいつと頬をかく真。

両親の契約とはいったい?

 


月が導く異世界道中

↑サイト内にて『月が導く異世界道中』と検索↑

 

月が導く異世界道中のネタバレ!

 

誰か分からないがその声は淡々と話を進めていく。

「話は聞いていると思うが、1度向こうの世界へ行ってしまえば2度と元の世界に戻ることはかなわない。これよりのち異世界の女神と契約を執り行ってもらう。では、この旨を了承するサインを…」

真が知りもしなかったことを淡々と話され、おいおい!とストップさせる。

「そんな話は聞いていない!大体、異世界とか聞かされて信じる方がおかしいわ!誰なんだよ、お前!」

 

真が見えない誰かにそう言うとふよよよっと後ろから白いものが近付いてきて

「ふむ…話は通してあると聞いたが手違いがあったか…これは失礼した。名乗りもしないですまなかった。」

そう言うと急に白いのは、人の姿に変わり中性的な顔立ちの綺麗な人が現れた。

「私は、夜之食國(よるのおすくに)の支配神・月読。汝を異世界の女神に引き渡すために参った。」

「ツクヨミって月読命!?あの日本神話の三貴子の1人!?」

驚く真に月読は、2人に比べてマイナーな存在なのによく知っているなと関心していました。

 

マイナーどころか本物なら大層な存在なのに

その月読がどうして両親と知り合いなのかと尋ねてみると

「本当に何も知らないのだな。」とこれまでのことを話してくれた。

先ず、両親は異世界の人間。

父が書いていたファンタジー小説のような世界を連想してくれて構わない。

この時点でまさか自分の両親が異世界の人間だとは思っていなかった真は、事実を知って驚きを隠せない。

 

異世界について話され、そういえば親戚にも会ったことないと思い当たる節がいくつか…

色々な情報を聞かされ、頭を抱える真。

「当時のご両親は、切羽詰まっていたと聞いている。そのため“いつか大切なものをひとつ捧げよ”という契約を異世界の女神と交わし、日本へ来たのだ。」

“大切なものをひとつ”

それは、子供たち。

真には、姉と妹がいるので真が断れば2人のどちらかが行くことになる。

家族以外では駄目なのだ。

 

真は、決心し

「わかりました、やはり僕が行きます。ですが…!ひとつ…どうしてもお願いしたいことが!!」

すると月詠は、案ずるなかれと真が所有している数々の書物・ゲームソフト・HDDの中身は、責任を持って
処分しておこう…と真が言う前に察してくれたようだ。

 

家族に手紙を書き、準備も整いサインをすると、月読が今までの世界を捨てさせてしまうので、せめて私の力を出来る限り与えようと真に力を与えます。

「ふむ、随分時間がかかったがようやく担当の女神が来たようだ。契約上の事とはいえ、請われてゆくのだから女神からも力を授かるだろう。」

 

すると真の身体が少しずつ消えていきます。

その様子を見た月読は

「すまぬ!これから真殿が会う神は、少し…いや、隠しても仕方ない。かなり問題のある女神だ。だがその…出来る限り大目に見てやってほしい。」

真の事、そしてこれから会う女神の事まで気にかける優しい心を持つ月読に笑顔で返事をし、女神の元へ。

 

心配そうに見詰める月詠。

そして真は、大きな家の中へ。

「あら、もう来たのォ?月読爺さんの力も結構弱くなってんのねぇ。あんなマゾみたいな世界にいたらしょうがないか。」

と明らかにさっきの月読とは、系統の違うような…。難あり。

女神の前に行くと顔をディスられ、自分の好みではないから力をさずけたくないと言うのです。

 

そして別の勇者を手配したと…力をさずけるのは嫌だけど“理解”を与えるくらいならいいかな…と魔族や魔物と話すことが出来る力を無理くりぶつけられ…

「できるだけ低位のオークやゴブリンにまじって暮らすのよ。結婚も勘弁してよね。間違っても私のヒューマンにあんたの醜い胤をばらまくんじゃないわよ?」

そう自分勝手な女神に散々言われ、真の真下には穴がぽっかりとあいてそこから落とされてしまったのでした。

 

▼↓サイト内にて『月が導く異世界道中』と検索↓
▽スマホ・PCで『月が導く異世界道中』を立ち読みしたい

 

月が導く異世界道中を読んだ感想!

 

勇者になれるはずがイケメンじゃないからぺいっと力を少し与えられ…!?

酷すぎる女神…破天荒すぎる女神の行動に流石の真も大目に見ることは出来ませんでしたね(苦笑

 

異世界ものは、たくさんありますがこちらの作品は、とても面白いです。

この後、真がどうなるのか気になるところですね。絵もキャラが可愛く見やすくて読みやすいです。

 

真が落とされた先には、何が待ち構えているのでしょう。

というより落とされて真は、平気だったのでしょうか?

続きが気になった方は、是非読んでみてください。

 

▼↓サイト内にて『月が導く異世界道中』と検索↓
▽スマホ・PCで『月が導く異世界道中』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!