いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

うどんの国の金色毛鞠(漫画)のあらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

篠丸のどか先生による作品である『うどんの国の金色毛鞠』(新潮社)

 

俵宗太(たわらそうた)は香川県出身の30歳独身。

実家の俵製麺所は讃岐うどんの名店で旅行のガイドブックにも載るほどだ。

 

東京でウェブデザイナーをしていた宗太だったが両親が亡くなり製麺所は廃業することになってしまっていた。

宗太が実家に帰省した際、もう使われなくなった窯の中で子どもが眠っていた。

このこどもはいったい?

ポコと名付けたその子と出会い宗太の運命が思わぬ方向へ進んでいくことになる――。

 



この記事はネタバレも含みますので、
先に無料で試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

↓以下のサイト内↓にて『うどんの国の金色毛鞠』と検索。

『うどんの国の金色毛鞠』を無料で試し読み

▼当サイトおすすめの漫画をランキング形式で紹介してます!

 

うどんの国の金色毛鞠のあらすじは?

 

香川県、瀬戸内海に面し、四国の北東に位置する、別名うどん県。

そしてうどん屋の息子、俵宗太は実家の俵製麺所を継がないで上京し、ウェブデザイナーの仕事をしていました。

 

実家に帰省した宗太は幼なじみの中島忍(なかじましのぶ)とお店でうどんを食べています。

中島に「また宗太の家のうどんくいてーよー。免許皆伝とかしてもらっとらんの?」と聞かれ何も教わってない。と答える宗太でした。

 

宗太はうどん屋を継ぐ気は毛頭なかったため教わる気もなかったのです。

中島は標準語で話す宗太を気持ち悪いと言い、「一回東京出たやつは田舎と見下しよる」と続けます。

「実際、狸が庭にいたし、香川は田舎だ。」

ときっぱりという宗太でしたが

「いねーよタヌキとか馬鹿にしてんの?!」

と逆に怒られてしまいました。

 

中島とわかれ一人実家への道を歩く宗太。

30歳という節目に空の実家に戻ってくることになろうとは…。

宗太の実家は帰ってこない間にボロボロになっていて、心なしかショックを受けます。

戸を開けても埃っぽく少しむせました。

釜の蓋がガタガタと動き宗太が恐る恐る蓋をあけるとそこには小麦袋とともに小さな子供がすやすやと眠っています。

驚く宗太の声に目を覚ましたこどもは小麦の大きな袋を抱えて逃げ出しました。

宗太は精神的にダメージをおってしまいます。

 


うどんの国の金色毛鞠

↑サイト内にて『うどんの国の金色毛鞠』と検索↑

 

次の日宗太がバス停の前を通りかかるとバス停の小屋の中で近所のおばあさんが声をかけてきました。

「結婚もせんとフラフラしとったのにこっちにかえってきたんやねぇ」

宗太はまたしても精神的にダメ―ジをおいます。

 

そしておばあさんはもう一言付け加えます

「あ、そーやそーやあんたんちにおる子どもあんたの隠し子?」

店の前にいたのでそうかと思ったと続けるおばあさんにどうしようと悩む様子の宗太でした。

 

宗太が家の前に戻ると先ほどの子どもが座り込んでいます。

「うちの店もうやってないんだ、お家どこかわかるかな?」

すると子どものお腹が鳴ります。

宗太はうどんを食べさせてあげることにしました。

ゆでる前のうどんを見つけ、生で頬張る子どもをみて驚く宗太は中島に電話をしてみるも

「警察に連れて行けよ」と一蹴されてしまいます。

外は雨、宗太が昔使ってた雨合羽を着せてあげるとその子ははしゃいで雨の中を駆けていきます。

警察に連れていく途中観光ガイドを片手に歩くカップルに俵製麺所の場所を聞かれ、それ自分ちなんでもうやっていないんです、と答える宗太にカップルはなんで継がないのかと聞いてきます。

店を継ぐことにわだかまりを持っている宗太は暗い気持ちになってしまいました。

それを察したのか子どもがカップルに向かってぽかぽかと攻撃します。

「やめなさい」と取り押さえると子どもの頭には動物の耳のようなものが生え、お尻からは尻尾まで見えています。

全力でこの場から去らなければいけないと感じた宗太は子どもを抱えてそそくさと走り出しました。

 

「オレは夢でも見ているのか?」

 


うどんの国の金色毛鞠

↑サイト内にて『うどんの国の金色毛鞠』と検索↑

あらすじやネタバレ、読んだ感想、スマホでの試し読みなどを通して漫画の魅力をお伝えしています!

赤ちゃんと僕 おすすめ!
うちの3姉妹 

↑「うどんの国の金色毛鞠」と同じジャンルの上記漫画もおすすめです!

 

うどんの国の金色毛鞠のネタバレ・その後どうなる?

 

実は子どもはタヌキが化けていた姿でした。

小ダヌキにポコと名前を付け、面倒を見るようになる宗太でした。

宗太は純粋なポコと暮らしていくうちに香川を生活の拠点にして住むようになります。

ポコも保育園に通ってみたりと人間の生活に溶け込んでいく様子。

宗太とポコのほのぼのとした日常がうどんの国で繰り広げられます。

 

『うどんの国の金色毛鞠』を立ち読みしたい
↑サイト内にて『うどんの国の金色毛鞠』と検索↑

 

うどんの国の金色毛鞠を読んだ感想!

 

ポコと宗太のほのぼのとした生活を描く『うどんの国の金色毛鞠』

本作品は日常をテーマにしたものですが、化けダヌキのポコがすごく可愛いです。

宗太と一緒に保育所いく。

というシーンにはやられました。

ポコをほんとに甲斐甲斐しく面倒見る宗太はほんとに独身だったの?というほど「お父さん」してます。

ちょこちょこ入るシュールな宗太のツッコミも大好きですね。

読んでいて心があったまるお話だと思いました。

 

うどんの国の、というくらいなので、登場してくるひとびともちょっとではありますが、うどんの話や食べているシーンを描いています。

読んでいてうどんがすごく食べたくなりました。

二人が迎える結末はどうなるのかまだ想像もできませんがハッピーエンドになることは間違いないと思います。

むしろハッピーエンドで終わってほしい。

ずっと二人が笑っていてほしいと思える作品です。

 

『うどんの国の金色毛鞠』を読んでみたいならコチラ
↑サイト内にて『うどんの国の金色毛鞠』と検索↑

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!