いつも本当にたくさんの方に見ていただいて、心より感謝いたします♪
★この漫画★絶対に面白いからッ!!

By 漫画大好きっ子♪

うつヌケ(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

田中圭一先生の作品である『うつヌケ』(KADOKAWA)

 

うつヌケ…うつトンネルを抜けた人たち。

2012年の5月4日金曜日。

その日は田中圭一の命日になる――はずだった。

 

2005年ころから、謎の苦痛に蝕まれていた圭一。

毎日続く原因不明のつらさ。

絶え間なく付きまとう原因不明の恐怖と不安。

なんの感動もわかず、身体も心も脳内も…全部灰色になったようなキツイ感覚をかかえつつ…。

 

サラリーマンとマンガ家、この2つの仕事で365日、働き詰めの日々。

つらさに耐えられず、つらい気持ちに約束をする。

ボクが50才を迎える日に自殺してあげる――。

 

この記事はネタバレも含みますので、
先にスマホ・PCで無料の試し読みをご希望の方は↓コチラ↓

▼↓以下のサイト内↓にて『うつヌケ』と検索。
▽スマホ・PCで『うつヌケ』を無料で試し読み

 

うつヌケのあらすじは?

 

2005年ころから「謎の苦痛」に蝕まれていた田中圭一さん。

365日働き詰めで、サラリーマンとマンガ家、二つの仕事をしていました。

 

身体も心も脳内も、全部灰色になったようなキツイ感覚をかかえ、辛さに耐えられなくなった田中さんは、50歳を迎える日に自殺しようと決めました。

そして迎えた2014年の10月。

10年近く続いた、「うつ」のトンネルから出ることができたのです。

 

田中さんが「うつ」になってしまったのには原因がありました。

それは『自分をキライになったこと』です。

「うつ」になってしまった田中さんは、どのようにして「うつ」から抜け出すことができたのかと言うと…。

 


うつヌケ

↑サイト内にて『うつヌケ』と検索↑

 

うつヌケのネタバレ・その後どうなる?

 

元々「仕事が好き」なのではなく、「仕事をしている自分」が好きだった田中さん。

2000年の春に、勤めていたゲーム会社で、社長に嘘をつかれた事が原因で、なかばヤケになって退職し、その後小さなソフトハウスに営業マンとして入社します。

畑違いの仕事でしたが、がむしゃらに頑張って、大きな成果をあげてしまったのです。

 

心の奥底にある「こんな仕事は自分には向いていない」という思いにフタをし、もっと頑張らねばと、自分のハードルを上げてしまいます。

しかし限界はやってきて、会社のひとからのクレームや愚痴、不満げな顔…それらを毎日つきつけられた田中さんは、自己嫌悪に陥ってしまったのです。

「自己嫌悪」は「うつ」への大きな引き金になってしまうもの…。

 

その引き金を引いてしまった田中さんは、病院の先生に「うつ病は一生もの」だと言われてしまいます。

会社を辞めた頃から、医者に精神安定剤を処方されていた田中さんは、薬の量を増やされ、日に日に薬が効かなくなりこのまま薬の量が増えていってしまったらまずいのでは?という思いにかられ、薬を服用するのをやめてしまいます。

そこで不安が襲ってきたため、医者に相談したところ、一生ものだと言われてしまったのでした。

 

それから医者を転々とするようになってしまった田中さん。

出口の見えない無間地獄を彷徨っているような感覚になってしまいましたが、ある時、ふと立ち寄ったコンビニで、うつの本を見つけます。

精神科医自身が「うつ」になり、自ら考えた方法で脱出したというものでした。

 

「うつ」とは自分の心が自分の体や脳をキライになっていくことで、身体や脳が、心に対して反抗することだったのです。

これ以上無理をするなという警告と、書かれており、そいつのやっつけ方は、やはり「自分を好きになればいい」という事でした。

ステップごとに分れており、ありのままの自分を受け入れる、「~ねばならない」という考えを棄てること、そしてネガティブな言葉はやめて自分をほめる事。

 

最後に、心の奥底まで「自分を好き」で満たす方法として『アファーメーション』というものが紹介されていたのです。

朝起きて自分をほめる、潜在意識の中に植え付けはじめ、二か月もたつと日々の中で感動することや、笑うことが増えていきました。

そんな時、会社をリストラされ、その時田中さんはこう思います。

「明日から自分に向いた仕事を探せる、今ボクは背中を押された」

その日の帰り道、夕景がキレイだったのを、田中さんは今も覚えているのです。

 

▼↓サイト内にて『うつヌケ』と検索↓
▽スマホ・PCで『うつヌケ』を立ち読みしたい

 

うつヌケを読んだ感想!

 

ここまで「うつ」は改善できるものなのですね。

読んでいてびっくりしたのが、自身の体験記だという事と、きっかけさえあれば、誰でも「うつ」をやっつけることができるという事です。

 

自分の友人にも「うつ」で悩んでいる人がいましたが、やはり薬を多く処方され、毎日飲んでいました。

「うつ」症状に悩む人が、どれだけいるのかわかりませんが、本作品を読むことで、少しでも改善のきっかけになるかもしれないと思うと、たくさんの人に読んでいただきたいと思います。

自分が「うつ」でなくても、周りにいる「うつ」の人を理解することができると思います。

 

「うつ」は心の警告で、それには原因があるはず…。

「うつ」に対して、その原因を突き止め、改善しようとする田中さんはすごく前向きですし、心から尊敬してしまいます。

あがいて、もがいて、ちゃんと生活することの素晴らしさを、本作品は教えてくれているような気がします。

 

▼↓サイト内にて『うつヌケ』と検索↓
▽スマホ・PCで『うつヌケ』を読んでみたいならコチラ

   
漫画をスマホで今すぐ読む人が急増!!
『漫画は読みたい時に今すぐ読む!』これが漫画をより楽しむ為の方法だったんです!

漫画とはストレス発散に効果的だった…そんな漫画を読む事を我慢してしまうのは、逆にストレスを貯めてしまいとてももったいない。
読みたい時にすぐに読めることがあなたの漫画とのより良い付き合い方なのでは?

それを叶えるのが『スマホ漫画』です!

▼『スマホ漫画』のおすすめポイント!

・今すぐ読める!

・どこでも読める!
・場所を取らない!
・現代的でカッコイイ!
・割引され安く買えることがある!

※例:Bookliveでは新規登録時に50%割引クーポンが貰えます!


▼はじめての『スマホ漫画』の利用方法!

漫画をスマホで読むならBookliveがおすすめ!

『その理由は…

漫画を読む媒体を問わない!
スマホ/PCどちらでも可!

読みたい時に読みたいだけ分だけ!
他サービスでは月額契約やポイント制が多いので、毎月一定金額の支払いが発生したり、ポイントを余したりする可能性がありますが、Bookliveは読みたい時に読みたい分だけ購入できます!

新規登録時に50%割引クーポンが貰えますので、お試しに割引価格で1タイトル購入できます!


≪Booklive簡単利用方法≫

①以下をクリックしてBookliveを開く!

Bookliveはこちら


②TOPページから読みたいタイトルを入力して検索してタイトルを表示させる。


③【カートに入れる】をクリック!
※ここで無料で試し読みができます。


④【今すぐ購入】をクリック!


⑤【会員登録(無料)】をクリック!

※Yahoo! JAPAN IDもしくはFacebook IDでも登録可能。


⑥メールアドレスを入力し、【メールで会員登録(無料)】をクリック!


↓仮登録完了画面↓


⑦受信したメールを開いて、文章中のURLアドレスをクリック
 

⑧パスワード/生年月日/性別を入力して【同意して確認画面に進む】をクリック!
入力情報を確認し、【登録】をクリック!




⑨50%OFFクーポンゲットして、一番下の【本を探そう!】をクリック!




⑩TOPページから左上の【カート】をクリック!


⑪先ほどカートに入れたタイトルの【購入手続きへ】をクリック


⑫あとは、お支払方法を選択し各種ログインをして購入完了!


※お支払方法は以下※
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・auかんたん決済
・docomo spモード決済
・モバイルSuica
・楽天Edy
・WebMoney
・クレジットカード

1回目を50%OFFでスマホ漫画を経験して、良かったら2回目以降は登録いらずで簡単・手軽に購入できます(^^♪

Bookliveはこちら

ようこそスマホ漫画の世界へ!!